Blog&column
ブログ・コラム

遺産相続に期限がある?相続放棄限定承認の熟慮期間とは

query_builder 2020/12/08
コラム
laptop_human_hands_keyboard_typing_working_business_office_writing-714530

遺産相続をする際に期限があるという事を聞いた事がありますでしょうか。今回は、相続放棄限定承認の熟慮期間についてお伝えします。

借金を相続してしまわない為に必要な事なので是非最後までご覧下さい。

▼遺産相続に期限はある?

結論からいうと、あります。遺産とは、プラスの資産だけではなく借金も含まれているので、正しく理解しておかないと後述する熟慮期間を過ぎてしまい借金を相続するという事になりかねないので気をつけて下さい。

相続放棄限定承認の熟慮期間とは

相続放棄限定承認の熟慮期間について1つずつお伝えします。

相続放棄とは

遺産を全て放棄する方法です。資産も借金も放棄する事になります。

限定承認とは

プラスの資産から負債を差し引いて、残った分を相続するという方法です。資産より負債が多ければ借金は相続されません。

相続人全員の同意が必要です。

■熟慮期間とは

相続放棄するにしても、限定承認をするにしても3ヶ月の熟慮期間が与えられます。熟慮期間は、対象者が「相続される財産があるという事」と、「遺産相続が開始した事」を知ってからカウントされ始めます。

知らない間に権利を失っていたという事を避けるためです。

▼まとめ

今回は、相続放棄限定承認の熟慮期間についてお伝えしました。正しく理解しておかないと、うっかり借金を相続してしまう可能性があるので、もし当事者になった場合は熟慮期間にどうするか考えましょう。

NEW

  • 都島区の行政書士が見た、家賃支援給付金

    query_builder 2020/08/20
  • 新型コロナ対策給付金・特別融資・補助金について

    query_builder 2020/08/10
  • 都島区の行政書士【澤田行政書士OFFICE TO YOU】です。

    query_builder 2020/08/05
  • 外国人がビザを取る時は行政書士にお願いしよう

    query_builder 2021/09/03
  • 外国人がビザ更新するための必要書類とは?

    query_builder 2021/08/01

CATEGORY

ARCHIVE