Blog&column
ブログ・コラム

遺産相続はどこに相談する?

query_builder 2021/03/01
コラム
contract_consultation_office_meeting_chef_secretary_hand_understanding-1096224

遺産相続は人が亡くなったときに起こる問題なので、そう頻繁に起こることではありません。
その為、手続き関係等で相談すべき場面が出てくるかと思います。
そんな時、どこに相談するのがベストなのでしょうか。
ここでは、遺産相続相談についてお話ししたいと思います。

相談すべきところは様々

相続関係で相談すべきところは、専門分野により様々です。
弁護士・司法書士・行政書士・税理士の中でもただその職業の人に相談すればいいというわけではなく、
相続関係を専門としているところに相談しなければ損や失敗をしてしまいます。
又、その相談内容により依頼する専門家も変わります。

■弁護士に相談すべき場合

弁護士は法律問題のプロです。
遺産相続や分割協議で揉めている場合や、相続すべき財産が多く弁護士に相談しても残ってしまう場合、
揉めている相手が弁護士を雇っている場合に相談すると良いでしょう。


■行政書士に相談すべき場合

行政書士は弁護士よりも身近な法律家であり、代理で書面を作成してくれます。
費用を抑えたい、必要書類を揃えてほしい、アドバイスを聞きたい場合等に適しています。
不動産の相続登記に必要となる戸籍調査を依頼することもできます。

■司法書士に相談すべき場合

司法書士は不動産登記を専門とし、登記を申請する代理権があります。
その為、不動産関係が多い場合や会社関係の変更がある場合等に適しています。


■税理士に相談すべき場合

税理士は税金を専門としており、税務申告に関する代理権があります。
自分が会社の役員で相続財産が多くある、相続税の計算や物納・延納手続きを行う場合等に適しています。

■銀行に相談すべき場合

相続財産が多くあり、資産運用の相談がしたい場合等に適しています。

▼まとめ

都島にある澤田行政書士OFFICE TO YOUは、相談者様一人ひとりに寄り添った最適なプランのご提案が親しまれております。
相談は無料にて承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

またご相談内容に応じ適宜、他士業の専門家と連携してご依頼・ご希望に沿う提案をいたします。

NEW

  • 都島区の行政書士が見た、家賃支援給付金

    query_builder 2020/08/20
  • 新型コロナ対策給付金・特別融資・補助金について

    query_builder 2020/08/10
  • 都島区の行政書士【澤田行政書士OFFICE TO YOU】です。

    query_builder 2020/08/05
  • 外国人がビザを取る時は行政書士にお願いしよう

    query_builder 2021/09/03
  • 外国人がビザ更新するための必要書類とは?

    query_builder 2021/08/01

CATEGORY

ARCHIVE