Blog&column
ブログ・コラム

終活で忘れずにやることとは?

query_builder 2021/06/01
コラム
notebook_coffee_diary_cup-7630

自分の希望通りに人生のゴールを迎えたい。
そんな思いから近年多くの人に浸透しているのが「終活」です。

終活は誰にとっても一度きりですから、何をするべきかわからない人も多いことでしょう。

今回は、終活で忘れずにやるべきことを解説します。

終活でやることとは?

ごく一般的な「終活」の内容は、以下のようなものです。

・個人情報を書き留める(持っている金融資産の情報など)
・身辺整理
・葬儀、お墓の希望
相続の準備
エンディングノートを書く

■特にお金の管理はしっかりと

上で挙げた中でも、お金に関することは確実に準備しておきましょう。
特に遺産の分割については、きちんと意思表示しておくことをおすすめします。

少額ならご遺族で揉めることもないかもしれませんが、遺産が多額になる可能性がある方は、ぜひしっかり「遺言書」を作っておいてください。

■行政書士が手伝えること

遺言書の作成は弁護士に依頼することもできますが、行政書士事務所でも受け付けています。

一般的に、弁護士よりも行政書士のほうが遺言書の作成費用が安く済みます。
他の公的文書の作成もできますし、終活全体の相談や、具体的にやることは何かなど、アドバイスを受けることも可能ですよ。

▼まとめ

エンディングノート終活でやることとして有名ですが、遺産相続については法律の取り分が一応定まっていることから、関心を持っている人は少ないかもしれません。

でもいざその時が来ると、故人のいない所で遺族が揉めてしまうこともあります。
大切な家族どうしで争うことのないように、終活の準備をしっかり進めておいてくださいね。

NEW

  • 都島区の行政書士が見た、家賃支援給付金

    query_builder 2020/08/20
  • 新型コロナ対策給付金・特別融資・補助金について

    query_builder 2020/08/10
  • 都島区の行政書士【澤田行政書士OFFICE TO YOU】です。

    query_builder 2020/08/05
  • 外国人がビザを取る時は行政書士にお願いしよう

    query_builder 2021/09/03
  • 外国人がビザ更新するための必要書類とは?

    query_builder 2021/08/01

CATEGORY

ARCHIVE