Blog&column
ブログ・コラム

終活の際に相続はどうすれば良い?

query_builder 2021/06/15
コラム
man_portrait_face_eye_elderly-19885

近年は「終活」という言葉が一般的になってきましたよね。
普通の文具店でもエンディングノートが売られていますので、シニアと呼ばれる世代に入ったら始めようかな?と思っている人も多いかもしれません。

しかし、終活には厄介な内容もあります。
最も面倒なのが「相続」ですよね。

今回は終活の中でも「相続」にスポットを当てて解説していきます。

遺言がなくても相続はできる

相続については、法律で「誰が相続すべきか」が決まっています。
例えば故人の配偶者や子供など、それぞれの取り分(割合)が「法定相続分」として定められています。

終活遺言を準備することの重要性

法定相続分が決まっていても、故人との関係性によっては遺族で争いが起きることがあります。

例えば、法律では故人の子供たちは全員同じ割合で相続できるとしています。
しかし誰か一人だけが故人の介護をしていて、他の兄弟は何のお世話もしていなかったらどうでしょう。
全員が同じ取り分というのは納得できないですよね。

こうした不満を解消するために、遺言書を作って相続の割合に便宜をはかることができるのです。

遺言の作成は行政書士に依頼しよう

遺言書は、勝手に書いて自宅に置いておいても効力を発揮しないことがあります。
法的効果を得るためにも、しっかり法律的な手順を踏んで作成しておきましょう。

法的根拠のある遺言書を作るには、ぜひ行政書士の力を借りてください。
遺言書本文以外にも、あなたの想いを遺言書に盛り込むお手伝いをすることが可能です。

▼まとめ

相続なんてまだまだ先の事だと思っても、人はいつ亡くなるかわかりません。
亡くなってしまえば、遺族に対して一切の口出しができなくなってしまいます。
終活はぜひ、早めに始めておきましょう。

NEW

  • 都島区の行政書士が見た、家賃支援給付金

    query_builder 2020/08/20
  • 新型コロナ対策給付金・特別融資・補助金について

    query_builder 2020/08/10
  • 都島区の行政書士【澤田行政書士OFFICE TO YOU】です。

    query_builder 2020/08/05
  • 外国人がビザ更新するための必要書類とは?

    query_builder 2021/08/01
  • 外国人が取るべきビザにはどのような種類があるの?

    query_builder 2021/07/15

CATEGORY

ARCHIVE