DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

配偶者居住権

令和2年4月に誕生する新しい相続に関する権利で、配偶者の死亡後も、もう一方の生存配偶者が引き続き同じ持ち家に住み続けられるようにする権利です。例えば、被相続人の夫の遺産:1億円の住宅、1,000万円の現金 •相続人:妻と一人息子のみ •妻は夫と2人で1億円の住宅に住んでいる。息子は独立して別の家に住んでいる 、という場合、1億円の住宅に配偶者居住権を設定するとすると、例えば配偶者居住権分5,000万円、負担付き所有権5,000万円の評価に分けることが可能になります。 そして配偶者居住権分5,000万円を妻が相続し、負担付き所有権5,000万円を息子が相続します。 配偶者居住権は、その家に住む権利(使用権)であり、所有権ではありません。 負担付き所有権は、その家の所有権になりますが、その家に住む権利はありません。 このようにすると、妻はその家に継続して住みながら、現金1,000万円についてもその1/2の500万円を相続できます。